沖縄県は26日、太平洋戦争末期の沖縄戦犠牲者を中心に戦没者の氏名を刻んだ糸満市摩文仁(まぶに)の石碑「平和の礎(いしじ)」に、新たに判明した54人の氏名を刻むと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加