埼玉県坂戸市教育委員会は26日までに、市内の古墳から出土した5世紀後半の鉄製の大刀(たち)に、円形の模様(円文)が見つかったと明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加