安倍晋三首相は26日の衆院予算委員会で、政府が検討している「共謀罪」の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」の新設によっても国際組織犯罪防止条約を締結できるとの考えを強調した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加