総務省は28日、国家資格の取得や事業許可など、戸籍謄本・抄本の提出が必要な手続きのうち、40件は住民票の写しで代用できるとして、国土交通、厚生労働など6省庁に見直しを勧告した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加