なぜ漁業者の願いは届かないのか。1年以上の議論を尽くして長崎地裁が27日に改めて出した和解勧告は、国が開門しない前提で示した基金案の踏襲だった。漁業者側は開門の議論すら許されず「極めて遺憾だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加