■経験生かし連携強化 東日本大震災発生の翌日から2日間、佐賀大学医学部附属病院の災害派遣医療チーム(DMAT)の一員として、宮城県仙台市の陸上自衛隊霞目(かすみめ)駐屯地で医療活動に従事した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加