三菱自動車の燃費不正問題で、消費者庁は27日、実際の性能より車の燃費が良いとカタログなどで見せかけたのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、三菱自に約4億8500万円の課徴金納付を命じた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加