2月の佐賀県内の経済は、官公需で建設業界などが潤う一方、個人消費に力強さを欠いた。新生活関連の電化製品や衣料品の販売が伸び悩み、節約志向が続いていることが明らかになった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加