厚生労働省は4月から、国民年金の保険料を支払う能力がありながら滞納を続けている加入者への督促を強化する。強制徴収の対象となる所得要件を現行より50万円低い「年間300万円以上」に引き下げる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加