福岡、熊本両県にまたがる日本最大規模の炭鉱、三井三池炭鉱は30日、閉山20年を迎えた。これに合わせ、熊本大(熊本市)の学生らが元炭鉱マンらにインタビューし、1年をかけて報告書にまとめた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加