■もうひとつの悲恋伝説 「出征した夫大伴狭手彦(おおとものさてひこ)を慕い、七日七晩泣きはらし、悲しみのあまり石になった」。日本三大悲恋伝説として万葉集にも歌われた唐津市の佐用姫伝説。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加