内閣府は、10歳未満の子どものインターネット利用に関する実態調査の結果をまとめた。利用率は39・2%で、年齢別では1歳の9・1%から2歳で28・2%へ急増し、年齢が上がるにつれて上昇傾向が見られた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加