杵島郡白石町は11日、町内のアパート2棟の固定資産税を、2003年度から14年間、誤って多く徴収していたと発表した。課税台帳に本来とは異なる建物の構造を入力していた。超過額は計73万7500円。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加