多久市は、民間事業者の太陽光発電設置など一定の広さの土地開発に伴う計画の届け出を義務付ける環境保全条例を4月1日から施行する。業者が従わない場合、事業者名を公表する罰則事項も設けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加