国際的に重要な湿地としてラムサール条約に登録されている佐賀市東与賀町の「東よか干潟」で28日、渡り鳥の観察会があった。約40人が参加して絶滅が危惧されているクロツラヘラサギなどを確認し、生態を学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加