新人4人の混戦は、先行していた峰達郎氏が逃げ切り、市長の座をつかんだ。不正や疑惑が続いた唐津市政に対する市民の不信が、峰氏を新リーダーへ押し上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加