神埼市の城原地区住民たちが28日、地域の活性化を考えようと、「きばる塾」を立ち上げた。佐賀大学や西九州大学の学生も加わり、地域の伝統や景観の継承に向け協働していく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加