業務上過失致死罪に問われた5人のうち3人に無罪が言い渡された佐賀地裁判決。公判では、地元団体と市とで責任の所在を巡って見解が分かれ、痛ましい事故を真摯(しんし)に教訓化できるか、複雑な様相も見せた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加