延長コードや複数のプラグを接続できるテーブルタップなど電気配線器具の事故が2016年3月までの約5年間で322件あったことが29日までに、製品評価技術基盤機構(NITE)の集計で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加