その日、急を知らせる馬が何度も駆けた。 天保6(1835)年5月11日未明、佐賀城の二の丸から火の手が上がった。原因は分からない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加