有明海で養殖ノリの色落ち被害が出ていることを受け、佐賀県は30日、県営の岩屋川内ダム(嬉野市)や佐賀平野のクリークなどからの緊急放流について河川沿線の自治体など関係機関に協力を依頼することを決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加