環境省は31日、約50年前に宮崎県の川南湿原で絶滅したと考えられていたが、最近になって自生しているのが見つかったイネ目の植物「ヒュウガホシクサ」を、絶滅危惧種のうち最も危険度が高いランク「(1)A類…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加