学識経験者らで構成する佐賀県いじめ問題対策委員会は30日、昨年9月に県教委から諮問された、県立学校生徒がいじめで不登校状態になっている「重大事態」の対応策を答申した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加