政府は31日、ギャンブル依存症の実態把握のため成人2200人を対象に初の面接調査を実施した結果、回答した993人のうち生涯で依存症の経験が疑われる人は2・7%だったと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加