■「みつせ鶏」「ふもと赤鶏」認知度向上目指す 鶏肉の生産・加工を手掛けるヨコオ(鳥栖市、横尾和浩社長)は、ブロイラー生産から2013年に撤退し、オリジナルの「赤鶏ブランド」確立に力を注いでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加