環境部(長谷川健介部長、10人)の部員たちは、学校の眼下に広がる海を舞台に活動する。8年ほど前、当時の部員が大量に打ち上げられるアオサを見て、「有効活用できないか」と思案。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加