■素早い支援の仕組み必要 熊本地震の本震で震度7を観測した熊本県西原村へ、佐賀県職員による支援チームの第1陣として駆け付けた。発生から3日後で、強い余震が続く中、避難所の運営を手伝うことになった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加