自殺を防ぐために悩みを聞く「いのちの電話」に、熊本地震の被災者から相談が相次いでいる。発生から14日で3カ月。最近は「仮設住宅に入れなかった」といった生活再建への不安を訴える内容が目立つ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加