「別府温泉」で知られる大分県別府市の長野恭紘市長は31日、昨年4月の熊本地震の被災・復興支援の返礼で温泉の湯を届ける「恩泉」事業の第1弾として、別府の湯を積んだトラックに乗って福岡市役所を訪れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加