佐賀新聞社が3月に実施した佐賀県内全自治体と福岡、長崎両県、半径30キロ圏の首長アンケートで、今後の原子力政策について、多くの自治体が使用済み核燃料の問題など「後処理」を当面の課題に挙げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加