新年度が本格始動した3日、佐賀県内の官公庁や各団体は辞令交付式を開いた。人口減少や少子高齢化など難しい地域課題への対応が迫られる中、トップが今後の方針を示し、住民目線を心掛けるよう語り掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加