佐賀県内の橋やトンネルなどの保全について、国や県、市町が情報交換する会議が15日、佐賀市の佐賀国道事務所で開かれた。点検の実施状況などを報告し、熊本地震の被害を例に耐震補強の重要性も確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加