■福母八幡宮の佐藤宮司が企画 「地域の人が思いを寄せた灯ろうで町の未来を照らしたい」と、大町町の福母八幡宮の佐藤美波(みなみ)宮司(26)が八幡宮の七夕祭りに合わせて「灯ろうの夕べ」を計画している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加