科学的な視点で「核のごみ」の最終処分ができる地域が公表された28日、玄海原発が立地する東松浦郡玄海町が「不適地」となる一方、佐賀市などが「適地」に入り、東西で色分けされた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加