将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は4日、大阪市の関西将棋会館で指された王将戦1次予選で小林裕士七段(40)を104手で破り、プロ公式戦の新記録となるデビューから11連勝を達成した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加