龍谷大(京都市)は4日、13世紀にモンゴル帝国を築いたチンギスハンの軍事拠点とされるハルザンシレグ遺跡(モンゴル)で、仏像の手や足とみられる遺物が出土したと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加