■刻印消された跡 唐津市鎮西町の名護屋漁港で、金塊とみられる積み荷約206キロが小型船で密輸された事件で、捜査当局は2日、全量を金塊とほぼ断定した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加