国営諫早湾干拓事業の開門を求める漁業者側の弁護団が、長崎地裁の和解協議の成り行きを見守っていた福岡高裁に対し、独自に実質的な協議に入るよう求める意見書を提出することが2日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加