■尊王掲げ、西洋文化も受容 年に1度だけ開帳される木像が、佐賀市白山の龍造寺八幡宮の楠神社にある。江戸時代から伝わる楠木正成(まさしげ)、正行(まさつら)の父子像。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加