恒例の「歳の夜籠(ごも)り」に参加し、新年のあいさつを交わしてからわが家に戻った。翌朝の晴天を期待して就寝。6時前に目が覚め東の空を見上げると満天の星空、ほっとする。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加