鹿島出身で「碁聖」と称される平安時代の囲碁の名人・寛蓮(かんれん)が19日、囲碁の殿堂入りを果たした。現代囲碁のルールを確立した寛蓮の功績や、幅広い世代が囲碁に親しんでいる鹿島市の地域性が評価された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加