神埼市脊振町に建設が計画されている「城原(じょうばる)川ダム」は、調査開始から46年余りの間、事業への賛否が割れて棚上げと存続を繰り返してきた。地元反対、国の大型公共事業への逆風、脱ダム、政権交代…。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加