佐賀市与賀町の交差点近くにある「積文館」の道路を隔てて、80メートルほど白壁が続く浄土寺。その境内の白壁に沿って直径60センチ、高さ50センチほどの茶色の常滑焼の甕(かめ)がずらりと並ぶ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加