7人ずつで争ったレスリング団体は、鳥栖工が鹿島実を5-2で下して6連覇を飾った。鳥栖工の小柴健二監督は「鹿島実にいい選手が入り、下手をすれば危なかった」と振り返った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加