龍谷と敬徳の一騎打ちとなった剣道男子団体決勝リーグ。龍谷に勝機を引き寄せたのは次鋒・香田尚也の気迫だった。「おれたちの代で必ず全国へ行く」。流れを変える2本勝ちを収め、4年ぶりの優勝の原動力となった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加