テニス女子団体は、致遠館が決勝で佐賀商を2-0で破り、3年ぶりの栄冠を手にした。初戦の2回戦から決勝まで一つも落とさず、野田里絵子監督は「十分力を発揮してくれた」と選手たちをねぎらった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加