■成分過多で危険な例も 年明けからC型肝炎の治療薬の偽造品が出回っていることが問題になっています。流通ルートが問題になっているほか、偽造薬の成分がビタミン剤や漢方薬であることなどがわかってきました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加