■誓恩師復興に尽力 幕末期から明治にかけて廃寺同様に荒れ果てていた大興善寺に19歳の青年僧、玉岡誓恩師が1871(明治4)年に入山すると、天井も床もなく、箸も茶わんもなかった大興善寺の本堂から、朝夕…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加