■寒冷地生育可、日本での栽培も視野 佐賀大学大学院農学研究科の元院生で、ブータン王国の研究者ツェリンペンジョールさん(47)が、同大学などと共同で遺伝子分析を行い、同国原産の新種のライム「ヒマラヤン…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加