嬉野市の不動山皿屋谷に広がる茶畑の中に、ひときわ目を引く「大茶樹」がある。高さ4メートル、枝張り10メートルに及ぶ深緑の大樹は江戸時代初期に植えられ、幕末の茶摘み人も見守ってきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加